THEO(テオ)の評判・口コミは?評価・運用実績・利回り・手数料・おすすめのポイント。

THEO(テオ)の基本情報

THEO(テオ)の基本情報は以下の通りです。

運営会社

THEO(テオ)の運営会社は、株式会社お金のデザインです。

代表取締役

THEO(テオ)の代表取締役は、中村 仁氏です。

登録ユーザー数

2017年2月時点において、THEO(テオ)の登録ユーザー数は2万人です。

サービス開始日

THEO(テオ)のサービス開始日は、2016年2月です。株式会社お金のデザイン自体は2013年8月に創業しています。

株主(出資者)

THEO(テオ)の株主は、

  • 東京大学エッジキャピタル
  • グロービス・キャピタル・パートナーズ
  • 伊藤忠テクノロジーベンチャーズ
  • ちばぎんキャピタル
  • 静岡キャピタル
  • ふくおかテクノロジーパートナーズ
  • 丸井グループ
  • ベネフィット・ワン
  • 東京短資株式会社
  • 山口キャピタル
  • ぶぎんキャピタル
  • 京都銀行
  • 東邦銀行
  • 百五銀行
  • リクルートホールディングス
  • 日本交通
  • Fenox Venture Capital

手数料

THEO(テオ)の手数料は、

  • 3000万円まで:1.0%
  • 3000万円以上:0.5%

となっています。

このあたりは、競合のWealthNavi(ウェルスナビ)とまったく同じ手数料の水準となっています。

最低投資金額

THEO(テオ)の最低投資金額は、1万円です。

THEO(テオ)のメリット(長所)

THEO(テオ)のメリットですが、まずは、最低投資金額の低さが挙げられます。

競合のウェルスナビは最低投資金額は30万円からですが、THEO(テオ)は1万円から始めることができます。

また、THEO(テオ)も金融のプロフェッショナルである谷家衛氏が立ち上げたサービスであり、アドバイザーに京都大学名誉教授も入っています。

ウェルスナビ同様、THEO(テオ)もサービスの信頼性は非常に高いと言って良いでしょう。

THEO(テオ)のデメリット(短所)

THEO(テオ)のデメリットですが、アプリがないことでしょうか。

まあ、ウェブアプリケーションでも使いづらくはないので、かまわないのですが。

また、手数料についても、ウェルスナビと同水準ですが、もう少し安くなると良いなというのが個人的な意見です。

THEO(テオ)の運用実績

THEO(テオ)では、81.4%のユーザーが+6.0%以上の収益率を確保しています。

また、興味深いことに、THEO(テオ)では社員19名の運用実績を公開しています。具体的には、

  • 30代エンジニア:16.34%
  • 30代営業・マーケティング:12.41%
  • 50代マネジメント:13.44%
  • 30代営業マーケティング:9.97%
  • 20代エンジニア:11.01%
  • 50代営業・マーケティング:10.55%
  • 40代オペレーション:15.65%
  • 40代マネジメント:13.42%

といった感じ。詳細については以下のリンクからご覧頂けると良いと思います。

参考:わたしの資産公開

THEO(テオ)の評判(評価)・口コミ

THEO(テオ)の評判(評価)・口コミは以下の通り。


ウェルスナビと遜色ないサービス。ロボアドバイザー界の2強である。

ウェルスナビ同様、米国のロボアドバイザーなみに手数料を安くしてほしい。

10%近い利回りが出ているのは凄いと思う。

THEO(テオ)で口座開設する手順

THEO(テオ)の口座開設は以下のリンクから無料で行うことができます。

THEO

また、THEO(テオ)以外のソーシャルレンディングについて知りたい方は、こちらの記事をご覧頂けると幸いです。

参考:ロボアドバイザーのおすすめ比較ランキング!評判・評価・手数料・運用実績・口コミをコンサル目線で徹底調査!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Folio(フォリオ)の評判・口コミは?評価・運用実績・利回り・手数料・おすすめ...

WealthNavi(ウェルスナビ)の評判・口コミは?評価・運用実績・利回り・手...

クロエの評判・口コミは?評価・運用実績・利回り・手数料・おすすめのポイント。

マネラップ(MSV LIFE)の評判・口コミは?評価・運用実績・利回り・手数料・...

楽ラップの評判・口コミは?評価・運用実績・利回り・手数料・おすすめのポイント。

投信工房の評判・口コミは?評価・運用実績・利回り・手数料・おすすめのポイント。